自然体のマタニティフォト お腹を出さないコーデ集

2022年1月20日

Pocket

結婚&妊娠で幸せいっぱいの授かり婚。

体の負担が大きいマタニティ期間でも、
フォトウェディングなら素敵な思い出がつくれます。

しかし、妊娠線ができてしまったりして
お腹を出して撮影することに
抵抗を感じる人もいるかもしれません。

そこで、自然体のマタニティフォトを残すために、
お腹を出さないコーデ集とマタニティフォトの注意点を解説します。

マタニティフォトの注意点
窮屈すぎない衣装を選ぶ
無理のない時期に撮影する
ママの体調を優先する
マタニティフォトにおすすめ!コーデ4選
ナチュラルに撮りたいお手軽「ワンピース」
お揃いコーデにおすすめ「Tシャツ×ジーンズ」
さらっと羽織るだけでサマになる「ジャケット」
お腹を出さない「ウェディングドレス」
マタニティフォト|おすすめポーズ
マタニティフォトなら阿部写真館にご相談を

マタニティフォトの注意点

妊娠期間中でもフォトウェディングを行うのは難しくありません。

しかし、大切なのは
妊婦さんの体とお腹の赤ちゃんに負担をかけないこと。

必ず妊娠中であることを事前にスタッフにお知らせください。

ここではマタニティフォトの注意点を紹介します。

窮屈すぎない衣装を選ぶ

新婦様の体にストレスを与えないように、
衣装は体を締めつけないものを選びましょう。

ドレスなら妊娠中でも窮屈すぎないタイプがおすすめ。

胸下に切り替えがあって、
ふんわりとギャザーが入ったようなデザインが人気ですよ。

マタニティ用のブライダルインナーは締め付けがゆるめに作られており、
母体を優しくサポートしてくれますので、上手に活用してみるのもよいでしょう。

また、普段着ているようなワンピースやTシャツ×ジーンズ、
ジャケットスタイルなどもおすすめです。

妊娠中は体調の変化が大きいので、
着用するウエディングドレスや衣装は
お腹を締め付けないものを選んでくださいね。

無理のない時期に撮影する

可能であれば、
フォトウエディングは妊娠5か月以降の安定期に入ってから
撮影することをおすすめします。

妊娠初期は、つわりがあったり、
体調の変化に戸惑ってしまったりと
思うように動けない日があるかもしれません。

また、妊娠後期ではトイレが近くなったり、
衣装が選びにくかったりすることも。

ですので、フォトウェディングを行うなら
安定期(妊娠中期)と呼ばれる5ヶ月目~7ヶ月目が最適です。

妊娠中は体調を崩しやすいので、
ロケーション撮影なら真夏日や真冬日は避けたほうが安心です。

新婦様の体調を一番に考え、
妊娠時期や季節を考慮して撮影時期を選びましょう。

ママの体調を優先する

マタニティフォトを撮影するときには、
新婦様の体調を最優先しましょう。

特に、お腹を見せての撮影を計画している方は、
冷えに十分注意したいもの。

足元が隠れる衣装を使用するなら
靴下やレギンスなどでしっかり防寒対策をし
足元を冷やさないように気をつけましょう。
冷えはお腹の張りに繋がってしまうため要注意です。

冬場には屋外での撮影を控え、
温かいスタジオなどで撮影する
プランを立てるのがおすすめです。

撮影の途中でお腹の張りを感じたり
気分が悪くなったりしたときは、
無理をしてはいけません。

必ずスタッフに伝えて、
体調を優先して撮影してくださいね。

マタニティフォトにおすすめ!コーデ4選

マタニティフォトは、妊娠中にしか撮れないシチュエーションです。

女性が最も強く、美しくいられる期間だからこそ、
素敵な写真を残したいですよね。

とは言え、お腹を出すことに
抵抗を感じる方もいるかもしれません。

そこで、マタニティフォトでも自然体に撮影できる
おすすめのコーデを紹介します。

ナチュラルに撮りたいお手軽「ワンピース」

普段から着ているお手軽「ワンピース」スタイル。

ナチュラルなマタニティフォトを
残したい方におすすめです。

普段着ているワンピースで撮影すれば、
写真を見返すときに妊娠期間中のことを思い返せますよ。

お揃いコーデにおすすめ「Tシャツ×ジーンズ」

お揃いコーデのしやすい「Tシャツ×ジーンズ」スタイル。

旦那様やお兄ちゃん、お姉ちゃんとも合わせやすい衣装です。

Tシャツ×ジーンズは、
シンプルながらもおしゃれ度がグンとアップするコーデ。

色味を揃えるだけでも統一感が出て可愛いですよ!

さらっと羽織るだけでサマになる「ジャケット」

Tシャツの上にデニム生地などのジャケットを羽織るスタイルも素敵ですよ。

お腹周りが日に日に大きくなる妊婦さんは、
動くだけでも大変ですよね。

普段の衣装にさらっとジャケットを
羽織るだけでサマになるため、おすすめです。

お腹を出さない「ウェディングドレス」

マタニティドレスはお腹を出すものと思いがちですが、
お腹を出さないタイプもあります。

マタニティドレス=お腹を出す
そんなイメージが多いかもしれませんが
決してそんなことはありません。

ウエディングドレスを着て撮影することで、
フォーマルな写真に仕上がるでしょう。

胸下のラインから足下に向かって余裕のあるデザインの
Aラインとエンパイアラインはお腹を締め付けにくく、
身体のラインが美しく見える上、足も長く見えますよ。

マタニティフォト|おすすめポーズ

せっかくマタニティフォトを撮るなら、
素敵な写真に仕上げたいですよね。

いくつかのおすすめポーズをご紹介します。

メッセージ

ガーランドやフォトプロップス、黒板などのアイテムに
メッセージを残して撮影するのはいかがですか?

  • 赤ちゃんの名前(週数や撮影した日など)
  • 誕生を祝う「Welcome」「Hello」
  • パパとママを表す「DAD」「MOM」
  • 「I LOVE YOU」

お腹にキス&ハグ

赤ちゃんが待ちきれなくて、
ママのお腹にキスをするパパやお兄ちゃん・お姉ちゃん…
というポーズも優しさと愛情にあふれたフォトに仕上がります。

ママを後ろからパパがハグする構図や
赤ちゃんのいるお腹の辺りでふたりの手を重ね、
ハートを作るポーズも印象的。

エコー写真と一緒に

マタニティだからこそできる撮影ショット、
ママのお腹の前にエコー写真をかざすポーズもおすすめ。

エコー写真は時間が経つと劣化が起きて、
見えにくくなる可能性があります。

マタニティフォトとして一緒に撮影すれば、
赤ちゃんの貴重な記念写真を残せておけますよ。

ほかにもファーストシューズを並べたり、
ベビーウェアを広げたり、
リボンをお腹に巻いてみたりするのもおすすめです。

"あなたが生まれてくるのをずっと待っていたよ"

そんなパパとママの気持ちが込められた
素敵な記念写真になることでしょう。

マタニティフォトなら阿部写真館にご相談を

マタニティ期間は体調が優れなかったり、
体が思うように動かせなかったりと不安を感じることもあるでしょう。

しかし、妊娠中にしか撮れないマタニティフォトだからこそ、
素敵な写真が残せますよ。

将来お子さんが生まれてから、写真を見せるのも楽しみですよね。

阿部写真舘ならマタニティフォトに最適な
レンタルドレスを多数取り揃えています。
お兄ちゃんやお姉ちゃんなど
お子様用の衣装も取り揃えているので
自分で用意ができなくても安心です。

お腹を出さないコーデならロケも行きやすくなるため、
ロケ撮影をご希望の方はぜひ阿部写真館にご相談ください!

もちろん、スタジオ撮影ご希望の方も
ご相談お待ちしております!

貸切で安心マタニティフォトプラン【駅から徒歩5分 大阪市】

WEDDING PHOTO

ウェディングフォトプランについて、
結婚写真について
も〜っと知りたい方はこちらのページへ。

阿部写真館TOPページはこちら

VOICE

ウェディングフォトを撮影した
先輩花嫁の声をぎゅぎゅっとまとめました!

先輩花嫁の声を聞く

DRESS

ウェディングドレスから
カラードレスまで
花嫁の憧れのドレスをたっぷりご紹介!

お気に入りの1着を探す

PLAN

気軽にウェディング撮影♪
データ付きのプランもあり!

スタジオ撮影ができるプランはこちら。

スタジオプランを見る

もっとこだわりたいあなたには
ロケーション撮影がオススメ!

ロケ撮影ができるプランはこちら。

おすすめロケーションを見る

ACCESS

阿部写真館へのアクセスはこちら。
各スタジオ情報も!

スタジオ店舗はこちら

CONTACT

ウェディングフォトについて
情報が詰まった資料を無料でお届け!

無料資料請求ご相談はこちら
この記事がいいなと感じたら
ぜひお友達に紹介してくださいね ↓

© 2022 結婚写真・フォトウェディング