雨の結婚式もステキですよ | フォトウェディング大阪 写真だけの結婚式:阿部写真館

ホーム
フォトウェディング大阪/自然体の二人で結婚ロケ写真:写真だけの結婚式 フォトウェディング大阪/自然体の二人で結婚ロケ写真:写真だけの結婚式
フォトウェディング大阪/自然体の二人で結婚ロケ写真:写真だけの結婚式 フォトウェディング大阪/自然体の二人で結婚ロケ写真:写真だけの結婚式
ホーム ホーム

トピックス

雨の結婚式もステキですよ

2018年6月1日

早いもので、もう6月に入りました。

 

本日6月1日は「プロポーズの日」

なのだそうです。

ご存知でしたか?

 

ここ大阪の梅雨入りはまだですが、

九州や四国が例年よりも早い梅雨入りを

したことを考えると、

来週には梅雨入りでしょうか?

 

公園や住宅の庭先で目にするアジサイたちも

いつもよりも色づきが早いと感じている

Web担当 高橋です。

 

 

結婚を意識するときに、

気になるのが、

「ジューンブライド」

 

6月に結婚すると、一生しあわせな結婚生活を

送ることができる

 

というとっても魅力的なジンクスです。

 

 

ジューンブライドの発祥の地(!?)

ヨーロッパでは、

6月は、農作業の繁忙期も終わり、

雨が少なく天気の良い日が多い時期。

 

 

一方、私たちの住む日本は、

雨模様の日が多い梅雨の季節です。

 

 

 

結婚式をするのならば、

ゲストの方々の移動の負担とならないように、

雨は降っていない方がいいと

考えますよね。

 

でも、最近では

家から会場まで自家用車を利用する人や

タクシーを利用する人は増えてきた気がします。

 

鉄道をはじめ、

公共の交通機関を利用する場合も、

最寄駅から式場までのシャトルバスが運行されている

ことも多くなりました。

駅や地下街などから直結型の式場もありますよね。

 

 

ガーデンウェディングを考えるのならば、

雨の多い季節は避けた方が良さそうですが、

以前ほど、雨の時期だから…

と敬遠する必要もなくなってきたような気がします。

 

建物内に入ってしまえば、

空調が効いています。

 

湿気が多いことによる

ジメジメした不快感や蒸し暑さは、

屋内にいる限りは無縁と言えます。

 

また、引き出物もカタログギフトが主流となってきて

披露宴の帰りには、

大きな荷物が大変…!

ということも少なくなってきているのでは

ないでしょうか。

 

 

いろいろと便利で快適な世の中になったものです。

 

白無垢写真

 

そして、「ジューンブライド」以外にも

雨の多い日本の6月に結婚式をするのも

いいなぁ。と思えるジンクスをご紹介。

 

 

ジューンブライドと同じく

ヨーロッパの言い伝えです。

 

「 pluvieux mariage heureux」

(マリアージュ ブリュヴィウー マリアージュ ウルー)

 

というもの。

 

訳すと、

「雨の日の結婚式は幸福をもたらす」

となります。

 

新郎新婦が流す、一生分の涙を神様が流してくれる

というステキな言い伝え。

神様が天使を雨粒にして降り注がせてくれる

という考え方もあるそうです。

 

 

日本でも、雨にまつわることばで、

「雨降って地固まる」

「恵みの雨」

などという結婚に絡めて考えると

縁起の良い言葉もあります。

 

 

雨の季節だからと敬遠してしまうのは

勿体ない気持ちになりませんか?

 

 

雨の日の結婚式もステキかも

 

そう思ってしまいます。

 

 

銀杏の木下で撮った和装

 

 

挙式披露宴ではなく、

フォトウェディングの場合でも、

雨を目の敵にしないて、

味方にできると良いですね。

 

 

スタジオ撮影や

チャペルロケーション撮影など

屋内での撮影ならば、

雨の心配は何もいりません。

 

もし、窓のある場所なら、

窓の外の雨で煙った風景を背景として、

しっとりとした雰囲気の写真を残すのも

一興ではないでしょうか。

 

外でのロケーション撮影の場合は、

残念ながら、雨が降っていない場合と比べて

出来ることに制限が出てきてしまうのは事実。

 

 

でも、雨だからこそ、

雨上がりだからこそ

撮影できるショットもあります。

 

 

例えば、ふたりで相合傘を差して。

光の捉え方で、

雨粒がキラキラ光っているシーンを

残せる場合も。

 

霧雨のような細かい雨ならば、

ベールがかかったような

幻想的な写真となりそう。

 

 

大き目の水たまりができていたら、

そこに写る二人を演出して、

というのもありですよね。

 

 

濡れた石畳などに二人のシルエットが

映る場合もあります。

 

 

 

大阪の阿部写真館では、

レンタル衣装をご利用の場合、

和装ならば、多少の雨なら大丈夫!

 

一方ドレスの場合は、残念ながら

雨の中のロケーション撮影はできません。

 

雨の中でもロケーション撮影をしたい!

というご希望があるのならば、

ご自身でドレスを用意して、

お持ちこみいただくことになります。

 

 

こういう場合はどうなるの?

 

フォトウェディングと雨との関係、

いろいろと疑問が出てくるかと思います。

そんな時は、遠慮なく相談してくださいね。

 

 

☆心に残るフォトウェディングをお手伝いします☆

よろしければ、いいね!シェアしてください!よろしくお願いします!

LINEで送る
Pocket

お問い合せはお気軽にどうぞ

営業時間 11時~18時 定休日 火曜日