【前撮りとは?】フォトウェディングと前撮りの違いを現役写真家が解説します

2020年5月14日

Pocket

こんにちわ、カメラマンのデュークです。
最近の天気のいい日は春の陽気から
少しづつ暑いという陽射しになってきましたね。
初夏が近づいてきました。

この時期は6月のジューンブライド前の
前撮り撮影をするカップルが多い時期ですね。
前撮りロケーションも
人気の時期でもあります。

 

今回は前撮り撮影とフォトウェディングについて解説!

 

「前撮りとフォトウェディングの違いって?」
「フォトウェディングについて」
「前撮りとフォトウェディングの違いを解説!」
「前撮りの衣裳ってどうしてる?」

 

など、わかりやすく現役写真家目線で解説していきます。

 

◆前撮りとフォトウェディングの違いって?◆

 

そもそも前撮りとは
どういう撮影のことを指すのかはご存じですか?

前撮りとは、
結婚式を挙げる当日に
衣裳を着て撮影するのではなく、
前もってウェディングドレスや
和装で新郎新婦が写真撮影を行うことです。

 

逆に結婚式当日に撮影することは
当日撮りと呼ばれることが多いですね。

 

結婚式当日は
挙式~披露宴とスケジュールが決まっていて、
イベントが多く行われます。
結婚式の当日は思ったよりも
自由な時間は新郎新婦にはありません。

 

結婚式での当日撮りは
スナップ写真がメインになってくることが多いので、
当日の臨場感のある写真は多いかもしれませんが、
キッチリとした写真は敢えて
時間を取らないといけません。

 

僕がよく結婚式の記録ビデオの撮影や
エンドロール撮影をしていた時も、
写真スナップのカメラマンが
当日撮りをする場面は

 

挙式の始まる前の控室、
挙式と披露宴の合間、
披露宴が終わった後の時間
が多かったです。

 

こう見ると
意外と撮影する場面はあるように思えますが、

 

●挙式前

「緊張で顔が固まってこわばっている」

●挙式と披露宴の合間

「披露宴会場への移動とかで時間の制限がある」

●披露宴終わり

「お酒を飲んでいて顔が赤かったり、
新婦手紙朗読で涙を流してむくんでしまっていたりする」

 

といったように、
キッチリとした写真は残しづらいのが
当日撮りの難点でもあるのかもしれません。

 

キッチリとした衣裳姿の写真を残しておきたいようでしたら
前撮り撮影をすることをおすすめします。

 

また、
結婚式当日に流すムービーや
ウェルカムスペースに衣裳姿の自分たちを見てもらいたい
といった方も前撮りをする理由で人気ですね。

 

~前撮り説明まとめ~

結婚式を当日に撮影するのではなく、
前もって衣裳を着て写真撮影を行うこと

 

 

◆フォトウェディングについて◆

 

フォトウェディングも同じように、
結婚式と同じように
ウェディングドレスやタキシードといった洋装姿、
白無垢・色打掛や紋付き袴といった和装姿で
撮影をして写真を残します。

 

フォトウェディングは結婚式を挙げない、
いわゆる「ナシ婚」と言われるカップルが行う
結婚写真の撮影を指すことが多いです。

 

最近では結婚式のセレモニー的な儀式をしたくないとか、
金銭的に結婚式にお金をかけずに
新婚生活を充実させたいなどの理由が多く語られます。

そんな結婚式をしないカップルでも、気軽にできるのが
フォトウェディングです。

 

比較的低予算で撮影して写真を残せるスタジオが多いので、
写真スタジオ同士の比較をして決めるカップルが多いです。

 

~フォトウェディング説明まとめ~

「ナシ婚」とカップルが行う
人気の結婚写真の撮影のこと

 

 

では、
「結婚式の前撮りとフォトウェディングは同じなの?」
と思う方もいるかもしれませんが、
前撮りとフォトウェディングとでは
少し違います。

◆前撮りとフォトウェディングの違いをカメラマン目線で解説!◆

 

前撮りなら結婚式当日にも衣裳を着るけど、
フォトウェディングでは1回だけ

前撮りをすれば憧れていたウェディングドレスや
白無垢姿を楽しんで撮影が出来て、
結婚式当日のも、もう一度衣裳を着ることで満足度が高くあります。

 

その一方で、
フォトウェディングだけだと、
撮影当日だけの衣裳着用になるので、
何度も衣裳を着ている自分を見る時間が少ないです。

 

そういった意味ではフォトウェディングで
撮影に来たカップルも、
結婚式をするカップルに負けじと
熱い熱意を持って来てくれます。

 

前撮り撮影の場合は
先述でもお話をしたように、
結婚式当日に使用をする写真を求めて
撮影されるカップルが多いです。

 

結婚式当日の本番も写真に残るので
敢えて当日撮りではできないことをしてみたり、
例えばムービーに使用する用にと
割り切っている内容のものもあります。

 

1枚1枚では完結しない、
ストーリーになるように
連動した写真を求めたりする内容ですね。

 

フォトウェディングでは
お家に飾ったり、
ご両親や友人への報告にといったように
利用されることが多いので
1枚完結型が多いかもしれません。

 

また、
「記念に残しておこうといった理由だけだから、
ホント衣裳姿のふたりが撮れていたら問題ない」
というカップルもいますね。

 

~前撮りとフォトウェディングの違いまとめ~

前撮りなら結婚式当日にも衣裳を着るけど、
フォトウェディングでは1回だけ

前撮り
↳結婚式当日に使用する写真が多い

フォトウェディング
↳記念撮影として残すことが多い

 

◆前撮りの衣裳ってどうしてる?◆

 

前撮りの時に着る衣裳の割合で
もっとも多い理由を紹介します。

「結婚式当日に着ない衣裳で
写真を残しておきたい!」
という方におすすめです。

 

結婚式で
挙式はチャペルで挙げるからウェディングドレス、
披露宴でのお色直しではカラードレスを着て、
和装を着ないから
前撮りでは和装姿で写真を撮りたい。

この理由が一番多く感じます。

 

また、
「どうしても着たいウェディングドレスが2着あるけど
片方しか着れないからもう片方で残したい!」
といったお客様も前例があります。

 

 

女性にとってはドレス姿の花嫁姿は
憧れでもあると思います。
是非、結婚のタイミングの節目に
撮影してみてはいかがでしょうか?

 

この記事をご覧いただいて
フォトウェディングに興味を持っていただいた方は
下記リンクもまた読んでみてください。

 

阿部写真館 四代目である弊社代表が書いた記事で
なかなか切り込んで説明している内容です。
少しでも参考になればいいですね。

 

大阪 格安 フォトウェディングの危険性

 

WEDDING PHOTO

ウェディングフォトプランについて、
結婚写真について
も〜っと知りたい方はこちらのページへ。

阿部写真館TOPページはこちら

VOICE

ウェディングフォトを撮影した
先輩花嫁の声をぎゅぎゅっとまとめました!

先輩花嫁の声を聞く

DRESS

ウェディングドレスから
カラードレスまで
花嫁の憧れのドレスをたっぷりご紹介!

お気に入りの1着を探す

PLAN

気軽にウェディング撮影♪
データ付きのプランもあり!

スタジオ撮影ができるプランはこちら。

スタジオプランを見る

もっとこだわりたいあなたには
ロケーション撮影がオススメ!

ロケ撮影ができるプランはこちら。

おすすめロケーションを見る

ACCESS

阿部写真館へのアクセスはこちら。
各スタジオ情報も!

スタジオ店舗はこちら

CONTACT

ウェディングフォトについて
情報が詰まった資料を無料でお届け!

無料資料請求ご相談はこちら
この記事がいいなと感じたら
ぜひお友達に紹介してくださいね ↓

© 2021 結婚写真・フォトウェディング